プロミス

初めてのカードローン!プロミスがおすすめな5つの理由

今月お金を使いすぎてしまって給料日まで生活費が足りない、急遽友人の結婚式に参列することになりご祝儀や服のお金などが用意できない…そんなふうに、急にお金が必要になるシーンは誰にでも起こりうるかと思います。親や友人に借りると言っても、なかなかお金のことを話すのは話にくいし…そんなときに頼りになるのがカードローンです。

 

しかし、初めてカードローンを利用しようというときには、どこで借りたらいいのか悩んでしまう方も多いかと思います。現在日本には数多くのカードローン会社が存在しています。ネットで検索をしてランキングをみても実にいろいろな会社がランキングされていて、「じゃあ本当におすすめなのはどこなの?」と迷ってしまうでしょう。そこでおすすめなのがプロミスです。なぜプロミスがおすすめなのか?それには5つの理由があるからなのです。

 

【1. 知名度が非常に高い大手の消費者金融である】

カードローンの利用がはじめての場合、やはりお金を借りるということに抵抗があったり、カードローンというものに漠然と不安を抱えている方というのは多いかと思います。しかしプロミスと言えば、知らない人はいないというくらいに知名度の高いカードローンです。さらに三井住友フィナンシャルグループのカードローンなので安心して利用する事ができます。

 

【2. 30日間無利息サービス期間がある】

プロミスをはじめて利用する方ですと、30日間無利息サービスを受けることができます。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)金融機関でお金を借りるのには、借りた期間だけ利息を支払わなくてはなりませんが、もしこの無利息期間内で返済した場合には利息を支払わずにお金を借りることができます。これは、はじめてカードローンを利用するという方にはうれしいポイントですよね。

 

【3. 他の消費者金融と比べて低金利】

プロミスの金利は4.5%〜17.8%となっています。消費者金融各社が上限を18%としているなか、プロミスでは0.2%と少しではありますが低金利な設定になっているのです。無利息期間と合わせますと、プロミスがいかに利息を抑えて借りられるカードローンであるかがわかるかと思います。

 

【4. 最短30分というスピード審査で即日融資にも対応】

プロミスの審査時間は最短30分とスピード審査、即日融資も可能です。平日14時までにWEB契約を完了した場合、当日中の振込も可能となっています。またスマートフォンなどネット申し込み後に自動契約機か来店で契約をすると、その場でカード発行が可能ですぐにキャッシングが利用できます。急にお金が必要になってしまった、というときに頼りになりますよね。

 

【5. 利便性の高いサービスが充実していて使いやすい】

インターネット申し込みもパソコンだけでなくスマートフォン、ケータイからと手軽にできて、必要書類もスマホアプリや携帯のカメラなどで画像化して送信することができるので申し込みがしやすいです。また、インターネットからの振込キャッシングは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、最短約10秒程度・24時間0円で振込が可能となっています。さらに三井住友銀行の提携ATM利用なら手数料がいつでも無料で利用できます。

 

このように、初心者の方でも安心して借り入れしやすいのがプロミスのカードローンなのです。どこを利用したらいいのかわからない、というのであれば、ぜひプロミスを検討してみてはいかがでしょうか?

プロミスの審査に通るために確認すべき6つのポイント

プロミスで審査に通るためにはどのような点を押さえておけばいいのでしょうか。細かな審査基準は各社ごとで違いがありますし、また公表していませんのではっきりとしたことはわからないのですが、審査に通るために確認すべきポイントは6つあります。

 

【借りたお金を返す事ができる返済能力があるか?】

カードローン会社が審査で最も重視するのは、お金を貸してもよい人物かどうか、貸したお金をきちんと返してくれる返済能力があるかどうかという点です。基本的な利用条件である「安定した一定の収入のあること」はもちろんですが、他には例えば「勤続年数が1年以上あること」や「独身であり返済に充てるなど使えるお金が多い」などの他、職種や住居形態などといった点についても見られます。

 

【信用情報に返済の遅延や延滞の履歴はないか?】

審査の際には必ず個人信用情報機関に信用情報を照会します。そこで過去に返済の遅延が繰り返しあったりまた3ヶ月など延滞の履歴や自己破産など債務整理の経験がないかどうかなどをチェックします。債務整理など金融事故情報は5年など情報の種類によって登録期間が決まっており、その間はずっとその情報が登録され続けます。個人信用情報機関は日本で現在3社ありますが、こうした情報はシステムによって共有化されているため、別のところで金融事故情報が載っているのだとしてもすぐにわかってしまうようなシステムになっているのです。

 

【他社借入件数は4件以上ないか?】

他社借り入れ件数は一般的に4社以上になりますと要注意となりカードローン審査に通りにくくなってしまいます。そのため借入件数が多いという場合には、残債の少ないものから完済してしまうなど、件数を減らしてから申し込みをするようにしましょう。

 

【借入希望額は適正な範囲か?】

カードローンの申込みでは件数のほうが重視されますが、プロミスは総量規制の影響を受けますので、法的に原則年収の3分の1までに借入れ額は制限されてしまいます。そのため、それを超えるような希望額はまず通りません。また年収に対して希望額が適正かどうかも審査しています。借入を成功させるためには、希望借入れ額はなるべく控えめに設定したほうが審査には通りやすくなるでしょう。

 

【短期間で4社以上など多重申込をしていないか?】

短期間に複数社の申し込みを続けて行いますと、申し込みをしたというだけで信用情報には記録が残ります。短期間にあまり多く申し込みをしてしまいますと、いわゆる申し込みブラックと呼ばれる状態になり、「お金に相当困っていてどこでも審査に通らない人」「踏み倒す前提でいろいろなところからお金を借りようとしている」などと判断され、申し込みの段階で審査を落とされてしまうようになります。急ぎでお金を借りたいときなど、落ちたときのために保険としていくつか申し込みを…と考える方もいるようですが、申し込むほどに審査に通りにくくなりますので気をつけましょう。

 

【申し込みで申告した内容に虚偽記載はないか?】

基本的なことですが、申し込みの内容に嘘はありませんか?年収や勤務先、勤続年数など虚偽の記載をしてしまいますと、それだけで審査に落ちてしまいますし、信用にも傷がついてしまいますから絶対にやめましょう。また、虚偽でなくとも入力ミスなどもないよう申し込みはしっかりと行いましょう。

 

プロミスの審査を受ける前に、まず申し込みの段階でこれらの点をしっかりチェックしてからのぞみましょう。